乳がんのためのがん保険

乳がんのためのがん保険

乳がんのためのがん保険別項で、女性特有のがんとして子宮がんをご説明しましたが、最近では乳がん患者の数も増加傾向にあります。乳がんは乳房の乳腺内に発生するがんで、現在では16人に1人の女性が発症すると言われています。

特に30代から50代までの患者数が多く、女性にとっては深刻な問題です。乳がんの発生原因は、主に女性ホルモンの一種であるエストロゲンが関係しているとされています。

そのため、初経が早い人や閉経が遅い方に乳がんがみられやすく、避妊薬やピルなどの女性ホルモン剤を常用している人も発症しやすいのです。

また、遺伝の影響もあり、近親者に乳がんの人がいれば発症確率が高くなるでしょう。

さらには食が欧米化したことも乳がんの発症率を上げた間接的原因です。食が欧米化したことで、カロリーやタンパク質の摂取量が増加、日本人女性の体格が変化しました。これにより、初経が早くなったり閉経が遅れて、乳がんを発症しやすくなってしまったのです。

そして、アルコールの摂取量が多いことも原因の1つです。今後も乳がんの発症率は増加していくと予想されるため、がん保険に加入しておくといいです。

女性にとっては深刻ながんの1つで、少なくとも「女性らしさを失ってしまう」など悩むことでしょう。がん保険に加入していれば、そんな時に患者さんの負担を少しでも減らしてくれるでしょう。

最新情報

  • 乳がんのためのがん保険のホームページを更新しました

    2016年12月01日

    ホームページを更新しました。

  • 運営者情報を追加しました

    2016年12月01日

    運営者情報を追加しました。